MENU

北広島の歴史を築いた三偉人

「きたひろ伝説」の夜明け ~中山久蔵

中山久蔵が島松沢に入植したのは明治4年(1871年)。
当時、道南より北では米づくりは不可能と考えられていましたが、久蔵は寒さに強い「赤毛種」の種もみを取り寄せ、水田の試作に着手しました。

しかし、川から引き入れた水の温度が低く、作物はまったく育ちません。
そこで久蔵は、川から引いた水をためて温める暖水路をつくり、風呂の湯を苗代に入れるなどの努力を重ね、明治6年(1873年)、ついに米の収穫に成功したのです。

久蔵は改良を重ねた種もみを開拓移民に無償で分け与え、その種もみは「中山の種」と呼ばれて、石狩、空知、上川にも広がり、多くの農家の支えとなりました。

寒地稲作の父、北海道稲作の父と称される中山久蔵。 改革に挑み続ける精神は、いまも北広島の地に息づいています。


中山久蔵(写真提供:北広島市教育委員会)


W.S.クラーク(肖像画写真提供:北海道大学大学文書館)

この地に名言を残した ~W.S.クラーク

W.S.クラーク博士が北海道に訪れたのは明治9年(1876年)。
当時の北海道開拓使長官・黒田清隆に招かれ来日しました。

クラーク博士が呼ばれた理由は、北海道開拓に際して農業技術を向上させることであり、現在の北海道大学の前身である札幌農学校の初代教頭として就任。
その教えは自由・独立・人間尊重を基盤として、校則として「Be Gentleman(紳士たれ)」の2語だけを掲げました。当時の学生たちは紳士として扱われることを知り、破目を外すことも自重するようになったといいます。

明治10(1877)年4月16日、クラーク博士が日本を離れる際に、見送りにきた学生たちに残した言葉「BOYS BE AMBITIOUS—青年よ大志を懐け」。
その舞台となった札幌郡月寒村島松—いまの北広島には、彼の精神が息づいています。

情熱・使命感・高い専門性—その教えは、北広島が目指す「希望」のまちづくりに欠かせないスピリットとして、現在のカントリーサイン(市町村堺標識)にもなっています。
北広島開祖の父 ~和田郁次郎

明治17年(1884年)、和田郁次郎は野幌原野を開拓の地に選び入植。
広島県人25戸103人とともに移り住みました。

この年は厳しい寒さで未曾有の大凶作となり、冬を越すのも困難を極めた郁次郎たち。
翌年には、みんなで励まし合いながら田畑を耕し、見事な豊作に。郁次郎は農民たちに平等に土地を与えたため、移住者は次第に増え、明治26年(1893年)には380戸1,200人余りの大きな集落になり、米の生産量は北海道一を記録しました。

これらの功績を讃え、当時の北海道庁長官は「和田村」と名付けるよう提案しましたが、郁次郎は「皆で開拓したので」と固辞。
仲間たちの故郷にちなみ「広島村」と名付けたのです。

その後も、郁次郎は郵便局長を務めながら、学校や寺院への援助を行うなど、村の発展に尽力。たゆまぬ努力でまちと人をリードした精神は、北広島が掲げる「交流」のまちづくりにつながっています。


和田郁次郎(写真提供:北広島市教育委員会)

error: Content is protected !!